「住宅のランニングコストをできるだけ抑えたい」
「冬でも暖かい家に住みたい」
住宅を購入する時、このように考える方は多くいらっしゃいます。
このような方は、断熱性能の高い住宅を選びましょう。
今回は、住宅の断熱性能の主な基準や、断熱性能の高い住宅に住むメリットについて紹介します。

□住宅の断熱性能の主な基準について

住宅の断熱性能を示す値として、「UA値」と「Q値」があります。

UA値とは、外皮平均熱貫流率のことを指します。
これは、住宅内部からどのくらいの熱が外に逃げるかを表したものです。
この値が低ければ低いほど、断熱性が高いと言えるでしょう。

Q値とは、熱損失係数のことを指します。
これは、住宅内部からの熱の逃げにくさを表したものです。
これもUA値と同じく、値が低ければ低いほど、断熱性が高いと言えるでしょう。
住宅の購入を検討している方は、UA値やQ値を確認し、断熱性能に優れた住宅を選択しましょう。

断熱工事現場

□断熱性能の高い住宅に住むメリットとは?

*冬場でも暖かい

断熱性能の高い住宅は、外の空気の温度が住宅内部に伝わりにくいです。
また、室内の熱が逃げにくいです。
住宅内と外との熱の移動が少なく、室内温度の変化が少ないため、冬場でも快適に過ごせるでしょう。
また、高断熱住宅は、低断熱住宅よりも室内温度と体感温度の差が少ないです。
そのため、高断熱住宅と低断熱住宅が同じ室内温度であっても、高断熱住宅の方が暖かく感じるでしょう。

*健康に良い

断熱性能の低い住宅は、暖房が付いている部屋と付いていない部屋で温度差が生まれてしまいます。
そのため、部屋を移動する時、急激な温度変化により、ヒートショックが起こる恐れがあります。
断熱性能の高い住宅は、住宅全体の温度が一定に保たれています。
そのため、ヒートショックが起こりにくいでしょう。

また、カビやダニが発生しにくいため、シックハウス症候群の予防にもなるでしょう。
快適で健康に過ごしたい方は、断熱性能の高い住宅を選ぶことをおすすめします。

*光熱費を抑えられる

断熱性能の高い住宅は、冷暖房効率が高いです。
そのため、少ないエネルギーで部屋全体を快適な温度にでき、光熱費を抑えられます。

□まとめ

今回は、住宅の断熱性能の主な基準や、断熱性能の高い住宅に住むメリットについて紹介しました。
断熱性に関する基準について把握し、快適で過ごしやすい住宅を手に入れましょう。
当社は、お客様の理想の住宅を実現しますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
吉原 健壹

吉原 健壹

住まいるラボ株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。
吉原 健壹

吉原 健壹

住まいるラボ株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP