冬になり寒くなってくると、朝布団から出たくない時はありませんか?
そうならないように、新しく家を建てるなら、暖かくて、快適な家を作りたいものです。
暖かい家づくりを実現することで、一年中快適に過ごせるでしょう。
今回は、暖かい家づくりで押さえておきたいポイントと、暖かい家を作るメリットについて紹介します。
こちらの動画でも紹介しています。

https://youtu.be/X8DP-4ZrTRM

□暖かい家づくりで押さえておきたいポイントについて

*断熱性能

断熱性能とは、室内の熱が外に逃げるのを防ぐ機能のことです。
断熱材や複層ガラスを採用することで、断熱性能を高められるでしょう。
断熱性能の高い家は、外気温の影響を受けにくく、室内温度が一定に保たれやすいです。
そのため、冷暖房効率が良いです。

*気密性能

気密性能とは、空気の流れを規制し、室内の空気が外に漏れないようにする機能のことです。
防湿シートや気密テープで室内の隙間をなくすことで、気密性能を高められるでしょう。
気密性能の高い家では、空気の流れが遮断されるため、室内温度のコントロールがしやすいです。

*換気性能

気密性能の高い家では、気密が高いからこそ、空気の入れ替え方法が重要になります。
そのため、換気性能の高さも重要視する必要があります。

暖かいお家

□暖かい家を作るメリットとは?

1つ目は、快適に過ごせることです。
暖かい家を作ることで、冬場でも快適に過ごせるでしょう。
また、部屋全体の温度差がないため、寒い日の入浴も快適になります。

2つ目は、光熱費を抑えられることです。
暖かい家は、冷暖房効率が良いです。
そのため、暖房にかかる費用を抑えられるでしょう。

3つ目は、ヒートショックを防げることです。
ヒートショックとは、急激な温度変化により、血圧の急変動が起こる現象です。
この現象によって、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす場合があります。
ヒートショックの影響を受けやすい高齢者がいるご家庭は、暖かい家を作り、健康リスクを減らしましょう。

4つ目は、結露を防げることです。
結露は、カビの発生に繋がります。
断熱性能と気密性能の高い家にすれば、温度差を小さくできるため、結露が発生しにくいでしょう。

5つ目は、湿度調節ができることです。
気密性能の低い家は、空調管理が難しく、快適に過ごせません。
しかし、気密性能の高い家は、外気温の影響を受けにくいため、湿度調整がしやすいでしょう。

6つ目は、音漏れを防げることです。
気密性能の高い家は、防音効果もあります。

□まとめ

今回は、暖かい家づくりで押さえておきたいポイントと、暖かい家を作るメリットについて紹介しました。
皆さんも暖かい家で快適かつ健康的に過ごしましょう。
当社は、快適な家づくりをサポートしますので、ご不明点等ございましたらご連絡ください。

The following two tabs change content below.
吉原 健壹

吉原 健壹

住まいるラボ株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。
吉原 健壹

吉原 健壹

住まいるラボ株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP