新築住宅を購入する際には様々な費用がかかりますが、特に「手付金」についてはどのような物件を購入する場合でも必要とされる経費です。
手付金についての知識を身につけておく事できっと新築住宅購入の際にスムーズに契約が進むでしょう。
今回は手付金とはどのような性質のものなのか、どのくらいの相場なのかについてご紹介します。

住宅購入時の手付金とは?


新築住宅を購入する際には様々な費用がかかりますが、手付金とは物件を購入した際に先に支払う一部費用のことを指します。
新築住宅だけではなく、中古住宅でも手付金が必要なため、住宅を購入する際には必要不可欠な費用と認識しておいてください。

手付金の意味と役割

新築物件であれば何千万円といった金額が必要になりますが、当然全額を現金で支払うことは難しいでしょう。
よって、住宅を購入する際には住宅ローンを組みますが、その際に頭金に充てられるのが手付金なのです。
4000万円のうち、400万円の手付金を支払ったとしたら、残りの3600万円が残金となり、返済を行っていきます。
手付金を支払う事によって物件購入の証拠となるほか、違約金という役割も持っています。
手付金を支払った後に買主が契約を解除すれば手付金は返ってきませんし、売主が一方的に契約を解除した場合は手付金を買主に返す上、手付金と同額を買主に支払います。
いわゆる倍返しが必要となるため、売主が契約違反をした時の方が大きくペナルティを課されます。

手付金を支払うタイミング

手付金を支払うタイミングは不動産売買契約が締結される時です。
手付金は証拠金、違約金の役割を果たすので、契約時に支払う必要があるのです。
支払い方は現金でも振り込みでもかまいません。

手付金の相場は?


手付金の役割や支払うタイミングについて見てきましたが、気になるのはやはり手付金の相場ではないでしょうか。
「手付金って高そう」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は不動産会社によって手付金の金額は異なります。

物件価格の5%〜10%

手付金の金額は、一般的に物件価格の5%〜10%ほどと言われています。
ただし、売主が不動産会社である場合は宅地建物取引業法により、物件価格の20%を超えてはならないという決まりがありますので、手付金額はどれだけ高くても物件金額の20%以下になります。

手付金が支払えない時は?

手付金は自己資金で支払う必要があるため、手元にまとまったお金がない場合は支払う事が困難になってしまいます。
そういった場合は、不動産会社に手付金の減額を交渉したり、手付金の安い物件に変えるなどしってみてください。
どうしてもその物件を購入したい場合は一時的にカードローンを利用したり、身内にお金を借りるという方法も一つですね。

手付金の役割と相場を知っておこう


「なぜ手付金を支払わなければならないのか」と疑問に感じていた方も少なくないと思いますが、手付金には様々な役割があることをお分かりいただけましたでしょうか。
物件の一部を先払いすることによって、確かに物件を購入したという証拠になります。

The following two tabs change content below.
吉原 健壹

吉原 健壹

YumePlus株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。
吉原 健壹

吉原 健壹

YumePlus株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP