注文住宅を購入しようと思っている方もいらっしゃると思いますが、住宅を購入するには様々な費用が必要になります。
特に、頭金については必要とされる住宅の方が多いと言われていますので、購入時に必要な経費として認識しておきましょう。
今回は注文住宅購入時における頭金の意味や金額の相場についてお伝えしていきます。

頭金の意味と必要な理由


そもそも頭金とはどういったものなのか、いまいちイメージが掴めていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
住宅を購入するとなると何千万円という金額がかかるので、多くの方が住宅ローンを組み、月々の返済をしていくことになります。
この住宅ローンの返済額を少しでも減らすために設けられたのが頭金です。
頭金とよく似た言葉として手付金がありますが、どちらも借入をする前に自分のお金から捻出するもので、当然頭金を支払えば住宅ローン残債が少なくなります。
頭金も手付金も住宅購入時には基本的に必要なものとなりますので、初期費用としてかかる可能性が高いと考えておくと安心です。
もちろん「頭金ゼロで購入可能」とうたっている不動産会社もいますが、結局住宅ローンを返済していくことになりますので、費用を支払うのが先なのか後なのかというだけの話になります。

頭金を支払うのは契約締結時

頭金を支払うタイミングは手付金を支払うタイミングと同じで、契約締結時です。
先に頭金を支払うことによって、住宅ローンの借入金額や金利が決定されます。
場合によっては0.5%ほど金利が変わることもありますので、頭金を先に支払うことにはきちんと意味があります。

頭金の相場は購入金額の1〜2割


自己資金が少なく、「頭金をあまり用意できない」という方もいらっしゃいます。
そういった方は頭金ゼロでも融資を受けられる金融機関を選ぶと良いと思いますが、返済額は少なければ少ないほど良いとされています。
そういったことを踏まえて、基本的には頭金は物件価格の1〜2割程度と思っておくと安心でしょう。
ただし、諸経費として仲介手数料や印紙税、登記費用などもかかることを考えて、無理のない範囲で設定するのが望ましいです。
ちなみに平均金額のデータを見てみると、注文住宅の場合は400〜600万円ほど頭金として支払った方が多いようです。

頭金の金額が高いとメリットもある

頭金の金額が高いことによって、自己資金を圧迫するようなイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、実は頭金の金額を上げることによっていくつかメリットがあります。
一つ目は紹介してきたように、住宅ローンの返済額が減ることと金利が下がる可能性があることです。
二つ目は住宅ローンで借りる金額が少なくなることによって、月々の返済額が減ったり返済期間を短く設定できます。
このように頭金を支払ったことで、特に住宅ローンに関する恩恵を多く受けることができるとされています。

頭金をきちんと用意して賢く注文住宅を購入しよう


住宅を購入する際には必ず頭金が必要になると思われてきましたが、最近では頭金ゼロでも購入できる住宅も増えてきています。
しかし、基本的には頭金を用意して支払った方がメリットが大きいので、それらを踏まえた上で金額を決めましょう。

The following two tabs change content below.
吉原 健壹

吉原 健壹

YumePlus株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。
吉原 健壹

吉原 健壹

YumePlus株式会社代表取締役 マイホーム購入を中立の立場でサポートする専門家。 資金、建築会社選びから風水についてまで、累計1000件以上のマイホーム相談を実施した経験を元に、「見学会には行かなくていい」などといった独自の理論で業界平均以上の満足度を実現。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP